仕事で新しいチャレンジを始められたタケノコ

こんにちは。

問書マスタートレーナーの草刈正年です。

 

 

「自分の仕事で新しい世界にチャレンジしたい」

 

 

そんな想いを実現したい人が、問書のグループセッションに参加されました。

その方は書道の先生をされていて、古典の書道の世界も好きだけど、筆文字のような自由な書道の世界も伝えていきたいし、やっていきたい。でも、なぜか動けない。

 

そんな課題を持たれてました。

 

そして問書をやった結果、まず書の変化は始めと終わりでこうなりました。

 

「いったい何があったの!?」って思いませんか?

グループセッションをしている間、僕は一切、筆の書き方を教えていません。

 

書は、身体の動きから生まれます。体の動きが変わったから、この書が書けているのです。

ではなぜその体の動きが出せたのか?

それは、その人の意識が変わったからです。

 

自分の無意識の変化が、こうやって見える化されると、変化と自信にもつながりますよね。

事実、この方。最後にこんな感想を言われてました。

 

 

「私は今まで、お習字で過去と現在と未来をつないでこれました。」

 

でも今日は自分を自己受容でき、認められた感覚が湧いてきました。今までお習字で表現してきて私が私でいられたけど、既存の四角いカチッとした枠を超えて、自分をくずしても、そんな自分も自分。そんな今日は許可をもらったような、ほっとしてる感覚です」

 

 

お習字の書道の世界は、それはそれで自分。でも、そうじゃない自分もいていいですよね。

コーチという仕事をしている自分もいて、書道をしてアーティストをしている自分がいてもいいですよね。

 

色々な自分を表現していいのです。

 

この方が最初に書いたのは、『軽』。

「軽やかに動きたい」という気持ちだったそうです。

 

でも、字を見たら、「軽いどころかドッシリしていて、キッチリしていて、マジメな感じがする」とのこと。

「もっとやわらかく、四角を丸っぽく、おもしろく、人をひきつける字にしたい」と話すその方。

 

軽いを軽くする
それに取り組んでもらいました。

 

すると、次にこんな字に変化し、

 

「なんかタケノコみたい」

と言うその人。

この何気ない言葉に潜在意識からの重要なメッセージがあったりします。

 

「タケノコは、地下の根っこ繁殖する植物で、すごい繁殖力を持ってます。これからの自分の活動がタケノコから竹林になっていく。そうなるのはどうしてですか?」

 

タケノコをタケノコで終わらせず、リミーニング(再意味づけ)していきます。

そしていきついたのがコチラ。

 

「グネグネ色んな事があったけど、ちゃんと今の自分、そして未来の自分につながっている」

「そしてどっちの自分もあって、どっちもつながっていて、新しく何かをはじめなくても、私は私のままでいいし、一人じゃない」

これを書いた後、その方はこんなメッセージを言われてました。

 

タケノコが今の自分に重要な気づきとメッセージをくれたのです。

おもしろいですよね。

 

『軽』という字から、色んな意味はとれます。

でも、書道でこれを表現してなかったら、「タケノコみたい」という発想や感覚は生まれなかったでしょう。

そして、そのタケノコが今の自分に重要なメッセージを出してくれました。

 

アート思考
発想と気づきは無限。

 

そして、自分で課題解決できる力。

 

あなたの中にあるタケノコは、今自分にどんなメッセージを出していますか?

今日もありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!
>問書筆跡診断

問書筆跡診断

筆文字で8つの漢字を書くだけで、100%望む人生に動き出せる!
『仕事』『お金』『愛』『人間関係』『家族関係』に変化をもたらす問書筆跡診断。

CTR IMG