お金をもらう抵抗をなくす親子関係

こんにちは。

問書マスタートレーナーの草刈正年です。

 

以前クライアントさんからこんな相談を受けました。

 

 

「お金をもらうことへの抵抗をなくしたい」

 

詳しく話を聞くと、

 

「私は主婦を相手に教室業をしてるのですが、高額なお金をもらうのに罪悪感があって、、」

というクライアントさん。

 

今まで20万円を超える商品を作ったことがなく、お金をもらうことに抵抗がいつもあったそうです。

でも実はこれから2カ月後、定価30万円という商品を作り、なんと10名以上の方に販売成功という成果を出されました。

そして、今ではお金をもらうことに抵抗がないとのことです。

 

さて、これは何が起ったからこうなったのか?紐解いてみましょう。

 

「最初、文字を選ぶ時、『糸』と『私』が出てきて、どっちにしようか迷ったけど『私』にしました。」

「でも私の字は右が糸っぽくて、なんか糸というメッセージを感じます」

と言いながら書かれました。

 

無意識が『糸』というキーワードを出し、何かを伝えにきてます。

『糸』をどう思っているのかを意識して紐解く必要があります。

 

「糸はあなたにとって何の象徴ですか?」

そう聞くと、「糸は結ぶもの」と言う答えが出ました。

 

「私の字の右側はカタカナの『ム』、見えないものと形あるものを結ぶというのが、この『私』という字なのかも」

そう言うクライアントさんに、そこを意識してまた書きたいように書いてもらいました。

 

すると、次に書いたのがこちら。

 

「これは3つに別れていて、左の人と、真ん中の人と、右の人がいて、左はお父さん、右はお母さん、真ん中が子供なイメージを感じる」

「父と母がいて子が産みさせるってイメージです」

 

こちらの方は問書を長くやってる人ですが、問書によってアート思考を鍛えていくと、感性感覚でどんどん自分の答えのヒントが現れてきます。

 

そして、

「右と左は何かを上にあげて、何かを与えているけど、真ん中の子は何もしてない」

そんなことをつぶやかれていたので、こんな紐づけをしてみました。

 

「お父さん、お母さんは生みだし、与える力。そうした時、真ん中の子は与えられて何をしていますか?今あなたはお金を稼いで何に使っていますか?」

そう聞くと、

 

「なるほど・・・」と。

 

そして、「お金を使っていることは何かを生み出してないんじゃないですか?」

という問いかけを投げかけまた向き合ってもらいました。

 

そして、次に書いたのがこちら。

 

「実は私、いつも早く書いていて、今回ちょっとゆっくり書いてみたんです」

「そしたらここちよくて」

 

これ、潜在意識が何か重要なヒントとメッセージを出してきています。そこで、そこにまた向き合ってもらいました。
「早く書くことによって何を避けてましたか?」

「何の心地よさを避けていましたか?」

 

すると、

 

「ゆっくり感情や感覚を味わうことを避けてました。ゆっくり書くと眠たい、、」

と言われたので、こんな問いを投げかけました。

 

「眠くなるとい象徴は、顕在意識を眠らせ、潜在意識を呼び覚ます象徴です。なぜこうしてると思いますか?」

 

すると、

「私昔から、押し入れの中にこもりたい、暗闇が好き、というのがありました」

 

さぁ、これも重要なヒントです。

 

押し入れの中にこもって、暗闇の中で何を得たかったのか?

 

「なんかわからないけど、じっくりゆっくり感情を味わって書くことをしてみます」

と言って書かれたのがこちら。

 

「書いていたらわかりました。誰かを助けなきゃいけないという世界から抜け出したい。そう感じました」

「助ける側と、助けられる側の関係性が嫌と気づきました」

 

とのこと。

 

 

なかなか深いですが、仕事をする上で、お金を稼ぐ上で、とても重要な話が出ました。

彼女の中では、助ける側が上で、助けられる側が下となっていたのです。

 

そしてそれが嫌だという感覚になっていて、仕事において自分が販売する時は、助ける側で、お客さんが助けられる側となっていたので、お金ももらうのが苦しいとなっていたのです。

本当の彼女の意識が、「そこには上も下もなく、父も母も子も平等という感覚を思い出して!」というメッセージを出していたのです。

 

これがビフォー(左)アフター(右)です。

 

字体がまるでちがくなり、どこかやわらかくやさしくなっていますよね。

この時、すでに彼女の意識は変わっていました。

 

このアフターの字を書けているということは、自分の意識が変わり、体の動きが変わったからこの字を書けています。

まだ顕在意識の言葉では答えを出せてないけど、すでに字は変わってるのは、意識が変わってるので、意識の中ではそれを許せています。

そして、その1~2カ月後に、お金のブロックを超えて、高額商品を10人以上に販売成功というすごい結果を出しました。

 

この地球に鶏が先か?卵が先か?どっちが先に現れたのか?

そんな話がありますが、

どちらにせよ、意識があったから、どちらからにせよ、この世界に生まれたのです。

 

今回のように、意識が先に変化すれば、結果は自ずとついてきます。

意識って本当に重要です。

 

そして、このように、意識が見える化して、その変化が形で分かると、人はその変化の信じ込みを強くします。

これも問書ならではの、自分を変える力です。

 

おそらく多くの人が、潜在意識の力を知り、意識の力を知っていますが、それを変えようと色々勉強したり、やられていると思います。

でも、それでも変わらないのは、リミーニング(再意味づけ)ができていないからです。

 

課題はわかったものの、課題を変えようとしてしまうから、答えを探すループにはまってしまいます。

課題に向き合う、課題が今の自分に出している本当のメッセージに気づき、リミーニングすること。

 

これによって、今の課題はいとも簡単に解決し、進んでいきます。

 

意識を変えていってみてください。

今日もありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!
>問書筆跡診断

問書筆跡診断

筆文字で8つの漢字を書くだけで、100%望む人生に動き出せる!
『仕事』『お金』『愛』『人間関係』『家族関係』に変化をもたらす問書筆跡診断。

CTR IMG